葬儀を行うなら敏腕葬儀社のサポートが最適|手厚い支え

香典

正しい方法で

葬式

お通夜の時は、一晩中線香を絶やしてはいけないというのを聞いたことがありませんか?昔からそのような風習がありますよね。中には一晩、みんなで順番に線香の番をしたことがある方もいらっしゃいますよね。これにはどのような意味が込められているかご存じですか?亡くなった方が寂しくないように一晩中誰かが順番で付いていてあげるの…と私は母から聞いていたのですが、それ以外にも意味があったんです。邪悪なものは線香の香りが嫌いなため、邪悪なものから亡くなった人を守るという意味や、亡くなった人が迷わないように道を照らすという意味が込められているんですよ。また、腐敗した遺体の臭いを消す為にも使われているそうなんです。なにげなく供えていた方も多い線香には、こんなに深い意味が込められているんです。これから供える際はしっかりと意味を理解して供えるようにしましょう。

昔は、亡くなった方の遺骨を四十九日の法事の時に、お墓に納骨するといった事が一般的でしたよね。でも最近、納骨堂に保管するといったことも増えてきているんです。納骨堂って耳にしたことはありますか?最近、コマーシャル等で取り上げられていることもあるのでご存じの方も多いかもしれません。お墓と、この納骨堂の違いは何なんでしょう?お墓は皆さんご存知の通り、遺骨を収蔵するところですよね。納骨堂は、遺骨を保管する施設なんです。屋内でロッカーのようになっている所で保管するようになっています。