葬儀を行うなら敏腕葬儀社のサポートが最適|手厚い支え

香典

豊富な種類

数珠

お葬式と行っても、最近では様々な葬儀のあり方があるんです。ここでは葬儀の種類についてお話していきますね。最近では、密葬、家族葬、直葬、社葬などといった方法があるんです。皆さんはご存じですか?この4つでは規模が違ってくるんです。密葬というのは一般の参列者は呼ばずに、身内だけで行う葬儀なんです。これに似ているのが、家族葬です。家族葬とは言いますが、決して家族だけで行うという意味ではなく、家族の他にも亡くなった人と親しかった親族や友人だけで行う葬儀のことなんです。どちらも小規模なため、亡くなった人との最後の時間をゆっくりと過ごすことができ、また経済的な負担も少ないということで最近ではこの方法で行う人が増えているそうなんですよ。

直葬というのは、葬儀を行わないで親族や親しかった友人だけで火葬場で亡くなった人と別れを告げる方法です。これは、身内がいない方や経済的な負担を軽減したいという方が利用するのが多いようです。最後に社葬は会社の偉いさんがなくなった時に会社側が費用を出して行う葬儀です。社葬をする場合は、身内だけの密葬も一緒に行う方が多いそうです。このように色々な方法があるんです。亡くなった人の思いも考えてしっかりと葬儀の内容を決めることも大切なことなんですよ。

葬式やお仏前で線香を供える機会って多いですよね。でも、皆さんは線香の意味をちゃんと分かって、供えていますか?昔からそうだから、何も疑問を持たずに今まで供えてこられた方も多いのではないでしょうか?あの線香にもちゃんと意味が込められているんです。あの香りを通じてその場を清め、自分自身の身も清めるという意味と仏様の食事といった意味が込められているそうなんです。また、良い香りで心が落ちついた状態で仏様としっかり向き合えるという大きな意味が込められているんです。